FXの分析手法

過去の為替の動向を分析するすることで将来の為替を予想する手法もあります。 テクニカル分析ともいわれるもので、この分析手法ではチャートといわれる過去の為替レートをグラフ化して一目で見られるようにしたものが用いられます。 過去の動きが簡単にわかるのでFXをしている人はほとんど目にしたことがあるのではないでしょうか。 FXをするのであればしっておきたいものです。 チャートによる分析手法はいろいろありますが、その根底にあるものは二度あることは三度あるといったような考えです。 つまり、過去にあったことはこれからもおこる可能性があるということをその根拠としています。 ですから、過去に最近と同じような値動きをしたものがあれば、これからもその値動きと同じようになるのではないかというわけです。 これは人は同じような境遇になったときに同じような行動をするといったようなことを利用しているともいえるかもしれません。 もちろん、将来はだれにもわからないのですから、過去に同じようなことがあったとしても、それが今度もそのようになるかどうかはわかりませんが、参考になるということはいえるのではないでしょうか。 それがテクニカル分析です。 そして、ファンダメンタル分析というものもあります。FX初心者はテクニカル分析を使ってFXをすることが望ましいです。 これは経済的な面から為替市場を分析するもので、金利や政府の政策など、さまざまな経済に影響をあたえる要因を分析していくものです。 これもFX市場ではよく用いられている分析手法です。

●おすすめFXサイト
FX初心者
バイナリーオプション